江戸時代から続く伝統技法を
"今"に繋ぐ「ビワコットン」の魅力とは

琵琶湖の恵みを一身に受ける滋賀県高島市で、江戸時代から連綿と作り続けられる縮(ちぢみ)生地を源流とする「ビワコットン」。 同地で作られる生地はなぜ150年以上に渡って日本人に愛されているのか。そしてその伝統生地を現代のデイリーウェアにアジャストさせるため、更に進化させたビワコットンはどんな魅力を秘めているのか。 ビワコットンに魅了されて別注アイテムも製作したスタイリストの轟木節子さんと、ビワコットン開発のキーマンである杉岡織布の杉岡定弘さんに、その生産過程などを交えつつ、魅力をたっぷり語っていただきました。

ビワコットンを作るには、
伝統技法を転用するだけでなく"進化"が求められた

轟木さん(以下敬称略):初めてビワコットンに触れたのは、たしか昨年の夏頃。ある雑誌の企画で"涼"を感じるモノを紹介することになっていて、代官山の雑貨屋さんにリサーチしに行った時に出会ったんですが、この伸縮性の高さと独特な肌触りに"これは絶対気持ちいい!"ってビビッときたんです。すぐにメーカーさんに問い合わせて、その雑誌に掲載する許可をもらいました(笑)。

杉岡さん(以下敬称略):目利きのスタイリストさんにそこまで気に入っていただけて光栄です(笑)。ビワコットンは生地の名前でもあるし、その生地を使った衣類のブランド名でもあるんですが、性別関係なくユニセックスで展開されているので、女性にもこの生地にしかない気持ちよさを感じていただけたみたいで安心しました。

轟木:ビワコットンって何で触った瞬間にこんなに気持ちいいんですかね! 街中には同じ綿100%のTシャツなんてたくさんあるのに、明らかに肌触りが違う。やっぱり生地の作り方に秘密があるんでしょうか?

杉岡:企業秘密の部分もあるので全部は教えられないんですが(苦笑)、そもそもビワコットンは滋賀県高島市に江戸時代から続く伝統産業「高島ちぢみ」の 技法を元に開発したものなんです。"ちぢみ"は皆さんが馴染み深い"ステテコ"とも呼ばれる日本古来の清涼素材。大まかに言うと、普通の糸よりも強く撚っている強撚糸を使って、隙間を設けて生地を織り、独特のシワをつけることで完成するものです。糸を撚る会社、生地を織る会社、シワ加工する会社、洗う会社などなど、いくつもの専業メーカー達が協力して、はじめてひとつの生地が完成させられるんです。

小タイトル

小タイトル